お気軽にお問合わせください。0120-644-544(フリーダイヤル)

SP広告媒体

交通広告

大都市圏を中心とした交通機関の発達が、電車広告・駅広告・バス広告などの交通広告を誕生させ、また屋外看板などの屋外広告と合わせると雑誌広告やラジオ広告の広告費を上回るほどの市場規模に拡大しています。最近では駅の機能に商業施設を兼ねたりと、鉄道の利用形態も様々に進化し、より大型で訴求力の強い駅メディアの開発が続きます。電車内では紙媒体から車内映像媒体が登場し、広告主から人気の媒体になっています。

●こんな時にオススメ!

・鉄道沿線に商業施設や行楽施設のある企業
・サラリーマンやOL、学生がターゲットの商品がある企業
・駅広告とモバイル(IT)を融合させPRを図る企業

電柱広告

電柱広告は最近問題となっているビラ捨て看板などの違法広告とは違い、法令に基づき許可された公道に掲出できる唯一の広告です。掛型広告と巻型広告の2種類があり、複数の看板でアピールすれば知名度は確実にアップし、矢印表示でお客様を確実に誘導できます。日常通る道路に電柱看板があると通行者の潜在意識に残り、たまたま通った場合にも存在をアピールできます。街中に点在する電柱を効果的に利用する電柱広告は低コストで高い訴求効果が期待できます。

●こんな時にオススメ!

・店舗までお客様を誘導したい方
・街の方に企業名を認知してもらいたい方

劇場・店舗広告

劇場広告を業種別に見ると、ゲームソフトやアパレル、そして化粧品や金融などが挙げられます。劇場に来場する人々は、幅広い年齢層で情操豊かな方や心にゆとりを求める方々が多く見受けられます。収容人員は多いとは言えませんが、より確実な配布が可能で掲示広告も無条件で目に入る環境のため、劇場広告は広告媒体としての可能性を十分に秘めているでしょう。

制作

インターネットが普及し情報のデジタル化が進む中で、広告制作が果たす役割も大きく変わってきています。広告宣伝は、情報をより分かりやすくもれなく伝達するという目的で制作します。WEB広告でもペーパーメディアでも、その企業がどのように受け入れられているか、どのような役割を期待されているのかを客観的に捉えられてないことが多く見受けられます。アウトソ−シングも有効な手段のひとつと言えるでしょう。会社のコンセプトを常に社会に発信し、説得力のあるモノ作りが必要になってきます。

インターネット広告

インターネット広告費は4年連続で増加し、雑誌広告費を上回っています。インターネットは無料化を加速するところに大きな特性があり、無料サービスが基本とは言え広告が主な収入源になっています。ネットと雑誌を組み合わせることで即効性とブランド強化につながり他社との差別化が図れ、結果的に利益につながります。WEB広告は短期間で利益を上げたいという時にとても有効です。

●こんな時にオススメ!

・人を雇うまで予算のない企業
・24時間宣伝したい企業

タクシー広告

ビジネスマンを中心に幅広い年齢層が利用するタクシーでは、限られた空間で密度の高い訴求が可能です。社内のアドケースやドアステッカー、リアウィンドウやサイドウィンドウのステッカー、ボディマグネットなど、様々な形態での車体広告が可能です。興味を持った乗客が自由に手に取ることができるチラシタイプ、短期間に大量掲出できるキャンペーン告知などに最適なステッカー広告、後続車への訴求力があるドライバー向けのPRに効果的なステッカー広告などそれぞれの特長を生かして利用しましょう。

●こんな時にオススメ!

・利用者が1台40人/日、平均乗車時間18分と言われるタクシー車内は利用者の独占空間です。外部から遮断されリラックスした状態で、密度の高い訴求が可能で効果的な媒体です。

配布

配布広告の中でポスティングは、他の媒体と比べて費用対効果に優れ、反響率が高い媒体です。日常ポストの中を確認する動作が習慣になっているため、直接ポストに投函する方法は一瞬でもチラシに目を通すチャンスを見出し反響へと導きます。新聞の折り込みチラシすべてに目を通す方が多いとも思えず、一度も目に触れずに捨てられてしまうチラシもあります。若年層や新聞未購読世帯は新聞の折り込みチラシを目にする機会はまずないでしょう。その点、ポスティングはターゲットを絞って効果的に宣伝できます。

●こんな時にオススメ!

・近隣に店舗のOPEN告知をしたい方
・顧客ロイヤリティの向上を図りたい方