お気軽にお問合わせください。0120-644-544(フリーダイヤル)

マスコミ媒体

新聞

新聞・雑誌・ラジオ・テレビの「マスコミ4媒体」が日本の総広告費の過半数を占めています。新聞広告は定期的な購読者が多く、打ち出す日やエリアを設定できるので、掲載内容への信頼度も高いです。
また新製品と同時に記事として取り上げられたり、広告として出すと知名度がアップし、商品やサービスを信頼していただけます。読みたい時に読み返せるなど、保存が可能です。

●こんな時にオススメ!

・新聞には、商品や会社の知名度を上げる広告や求人広告もあります。

フリーペーパー

広告収入だけで制作から印刷、配布までをする無料雑誌(フリーペーパー)は、最近では記事のように見せる定型フォーマット広告が定着し、クーポン広告が主流となっています。
低料金で多くの人にPRでき、保存性の高さも魅力です。多くの無料雑誌は月刊で発行されているので、集客が1ヶ月間以上持続する効率的な広告展開が期待できます。
発行部数も増加し、無料で手に入る豊富な情報源として支持されている媒体です。

●こんな時にオススメ!

・数日間に来店が集中することが少ないので、スタッフ増員の必要もなく効率良く広告展開できる媒体です。PR内容や目的に合わせて選別するとより効果的でしょう。

テレビ

現代人の日常生活の中で、情報源や娯楽として欠かすことのできないテレビ。テレビ放送が始まって50年以上が過ぎ、テレビメディアの成長とともに発展してきたテレビ広告は年間2兆円の市場規模にまで成長しました。テレビ広告には、番組と一体で売買され番組の時間枠の中に設定されている「タイムCM(提供CM)」と、放送局が定めた時間枠の「スポットCM」があります。日本の人口の約9割が日々テレビを視聴しているため、テレビCMは他の媒体と比べて接触頻度が群を抜いて高いと言えるでしょう。

●こんな時にオススメ!

・テレビCMには圧倒的な到達力とプッシュ力があり、イメージを訴求したい時や大きな広告やブランドの認知を生み出すことができます。

雑誌

雑誌は、ターゲット(読者層)を絞ってダイレクトに伝えやすい媒体です。広告内容がターゲットの望むものであれば、長期的にPRすることができます。また、雑誌に広告が掲載されると会社に対して信頼感を持ってもらえるので、ブランド価値を向上させて他誌との差別化を図れます。 特に女性誌はファッションなど何度も読み返すので、他媒体に比べて保存性が圧倒的に高いでしょう。

●こんな時にオススメ!

・雑誌は自分で購入する媒体であり、保存性が圧倒的に高く繰り返し読み返されるので、広告の刷り込みにも貢献します。切り抜くことができるので新商品の広告などにお勧めです。

ラジオ

ラジオは基本的に聴取は無料なので、運転中や家でも接触できる媒体です。テレビ同様に国が認める免許事業なので信頼性があり、生番組が多いことから速報性に優れています。停電になると視聴できなくなるテレビとは違い、乾電池があれば聴くことのできるラジオは魅力的です。ラジオCMは地域に密着したものが多く、他媒体と比べても劣ることなく独自性を保っているので、効果的に利用しましょう。

●こんな時にオススメ!

・ラジオは時間帯や場所によってターゲットが異なるので独自の宣伝効果が期待できます。ラジオCMは企業イメージのPRやイベントなどの知名度アップなど、目的に応じて使い分けられます。